写真とカメラが大好きです


by takoyaki_good

今年最後の

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by takoyaki_good | 2015-12-23 06:39

Mamiya 6 Automat

二日ほど前からシャッターが正常に作動し始めた
特段何かをした訳ではなく、何かの拍子にシャッターチャージが出来るようになった
元々なぜ、チャージ出来なくなったのかもわからなかったのだが・・・



蛇腹製作に挑戦してみた

予想はしていただ敷居は高い
最初、オリジナルを採寸してコピーを作ろうと思ったが、オリジナルの劣化が激しく、ちゃんと採寸できている気がしない
そこで『カメラ用蛇腹の作図プログラム』
http://www.stillberg.com/bellows/bellows.html
を利用して蛇腹の試作品を作ってみた

最初は採寸を間違え、かなり大きな蛇腹が出来た
採寸のポイントが分かってきたので、もう一度やり直した
寸法的にはまずまずの出来

ところがMamiya 6のレンズ側の留め金が外れないことが分かった
いや、以前から気になっていたのだが、両面テープで留めればいいやくらいに考えていた
しかし両面テープでは、接着面積が十分確保出来ず、剥がれ易いことが分かった
やはり留め金(リング)が外れないとダメ
力任せに回してみたけどダメ

残念だが今日はこのくらいで中断
[PR]
# by takoyaki_good | 2014-01-05 17:03 | カメラ

Ciroflex

ただ今Ciroflexを修復中。米国のCiro社が製造した二眼レフカメラ。いろいろなバージョンがあるが、手に入れたのは、ピントノブの形からしてtype Cだろう。
このCiroflex、ピント合わせの機能が普通の二眼レフとは変わってる。ほとんどの二眼レフがヘリコイドによる繰り出しであるのに対し、コイツはラックアンドピニオン方式。作り安さは増すが、ピントの山がシビアになるんじゃないかな。
それからシャッターチャージが必要ないのも特徴の一つ。エバーセットタイプではなかろうか。それでも1/200までシャッタースピードが可変である。どんな仕組みなんだろう。

入手したCiroflexは、とにかく程度が悪い。外皮はボロボロ、サビもあちこちに。本体を振ってみるとカチャカチャ音が。ミラーが粉々。幸いなことにシャッターは、精度はともかく、全速それなりに可変しているようだ。

さて撮影出来るまでに復旧出来るだろうか・・・。
[PR]
# by takoyaki_good | 2013-11-24 09:48 | カメラ

Fothflex

f0219891_6385232.jpg

f0219891_6385244.jpg

珍しいカメラだと思う
二眼レフなのにフォーカルプレーンシャッター機
長い間放置していたのがが、ようやく幕を張り替えた
暫く様子をみ、接着剤が乾いたら、試写をしてみよう
[PR]
# by takoyaki_good | 2013-11-05 06:38 | カメラ
数週間前からAltix ivのシャッター羽根が閉じない不具合が発生
早速、前板を外してみる

f0219891_5521786.jpg


何かに引っかかっている感じ
更にレンズユニットを外してみる

更にシャッター羽根を外してみると、黄色い矢印のネジが緩んで、僅かに飛び出していた
このネジの頭にシャッター羽根が干渉していた訳だ

f0219891_557756.jpg


ネジを締め直して再びシャッター羽根を組む

f0219891_5591797.jpg


正常に可動するようになった

Altix ivには、セルフタイマーボタンがあるが、このボタンは固定されていないため、再組み立ての際落下してしまいがちで組み難い
そこで予め、定位置にセットした状態でセロテープで固定する

f0219891_633017.jpg


組み立てられたら、セロテープを剥がす

正常に可動するようになったAltix iv

Altixには、いろいろなバージョンがあるが、どれも手のひらにのるようなコンパクト
巻上げを慎重にしていかなければ、1コマ以上に巻いてしまったり、撮影後シャッターボタンから指を勢い良く離さないと、巻き上げロックが解除しないとか、いろいろ作法のあるカメラ
でも妙に憎めない



+++
f0219891_672312.jpg

[PR]
# by takoyaki_good | 2013-10-21 06:08 | カメラ